赤ちゃんのためにベビー用品を購入|通販ならたまひよショップ

赤ちゃん

外出時の授乳に活躍

親子

見た目や機能性から選ぶ

授乳ケープは、ママが安心して授乳をすることができ、周りへの配慮にも役立ちます。特に母乳育児をしている場合には、外出時に授乳ケープを持参しておいたほうが授乳に困らなくて済みます。母乳育児への呼びかけが増える中、こういった授乳ケープの必要性が高まっているのです。授乳ケープにはいろいろなデザインが販売されています。見た目だけではその機能や使いやすさが分かりにくい部分もあるので、特徴をしっかりと把握しておいたほうがいいでしょう。授乳ケープでよくあるデザインが、ポンチョタイプのものです。これは、前の部分にボタンが取り付けられてあるので、気にせず授乳ができるようになっています。服としても使えるデザイン性が、授乳ケープに見えないという見た目から人気があります。オシャレを意識するママにとっては、満足して使っていけるタイプとなります。次に、首からかけてエプロンのようにして使える授乳ケープもあります。このタイプは胸元にあたる部分にワイヤーが入っているので、生地が垂れてしまう心配もありません。また、その形から通気性にも優れており、ムレを防止するので暑がりの赤ちゃんにはぴったりな授乳ケープです。そして、大判タイプの授乳ケープもあり、寒い時期や授乳時の見た目が気になる場合に活躍してくれます。このような授乳ケープは持ち運びが簡単にできるように、ポーチがついていたり、ボタンを留めてまとめられるものもあります。外出時でも授乳がママの負担にならないように、便利でオシャレなものを選んでいくようにするといいでしょう。