赤ちゃんのためにベビー用品を購入|通販ならたまひよショップ

赤ちゃん

授乳に欠かせないもの

親子

選び方と活用法

授乳クッションは赤ちゃんに授乳する際に活躍するクッションであり、形が半円になっていたり、コの字になっていることが特徴です。このような形になっているのは、授乳クッションが体にフィットしやすく、赤ちゃんを乗せても安定感があるからです。まだ首が座っていない新生児から使うことができ、お母さんの膝の上に授乳クッションを置き、その上に赤ちゃんを乗せて授乳をします。そうすることで、授乳の際の肩や腕への負担を軽減することができるので、1日に何回もある授乳でも楽に行うことができるのです。授乳クッションはいくつかありますが、素材や形状、厚みなどが異なっており、選び方によって使い方の幅も広がります。例えば、厚みが薄いものはタオルなどを使うことで、厚みを調節することができるので、赤ちゃんの成長に合わせて長い期間使うことができます。厚みのあるものやコの字になっている授乳クッションは、赤ちゃんを座らせる際の補助的な役割としてや抱き枕としても活用することができます。どのような授乳クッションを選ぶにしても、毎日使うものなので、厚さにかかわらず、すぐにへたらない丈夫なものを選ぶと良いです。また、授乳に使うと汚れることもありますし、赤ちゃんに使うものなので、清潔に保てることも大切です。ですので、授乳クッションのカバーが変えられるものや、丸洗いできるものや撥水加工されているものを選ぶと汚れても清潔に保てるので便利です。